STILB

Still life & Product Photography

窓からの自然光で撮る商品写真・化粧品の撮影

      2017/10/12

アイキャッチ

 

こんにちは!フォトグラファーの根本です。

前回、窓からの自然光だけで日本酒のボトルを撮影しました。

今回はもう少し頑張ってローションのボトルを撮影してみみたいと思います。

形状も似ていますので前回とほぼ同じセットで撮影できるのではないかと思います。

しかし、キャップやロゴなどがミラー状でかなり映り込みが激しいので上手く出来るかどうかはわかりません。

なにはともあれ、撮ってみましょう!

化粧品のボトル撮影

今回の被写体は化粧品のローションです。

商品の特徴としては、ボディ部分が半透明のプラスチック製のボトルで、少し赤みがあります。中身も少し赤みのある透明の液体です。キャップと正面のロゴがどちらも鏡面素材です。

それでは今回もまずは撮影後の写真をお見せしましょう。

_DSC3778b

前回とほぼ同じ背景とアングルですが、こちらのほうがいろいろと大変でした・・・。

前回のボトルと同様に背景は左から右へのグラデーションにしています。ボトルの中身は反対に右から左へのグラデーションをつくり、液体の色と透明感、ボトルの立体感をだしています。

床と壁の接する線は明るさを合わせて馴染むようにして、奥行きがわからないようにしています。

キャップとロゴは鏡面素材なのでつや消しシルバーに見えないようにハイライトとシャドーの線を白と黒にくっきりと分けるように入れています。同時にハイライトにはグラデーションをつけてシルバーの鏡面素材であることを見せています。

 

1.前回と同じセットで撮影

まずは前回とほぼ同じセットに今回の商品を置いて撮ってみます。

ただし、床に使っていた白アクリルは今回、シルバーのアクリルに変更しました。

11190383

 

 

前回のセットでそのまま撮ると・・・

DSC03759

 

 

全体的にかなり「くすんだ」印象になってしまいました。

ボトルのボディ部分の色が悪く、透過した感じが出ていません・・・。

2.ボディの透過部分の改善

この原因の一つはボトル裏側の印刷にあると思います。

 

_DSC0087_1

ボトルの裏には黒の細かな文字が印刷されています。

この印刷された文字が表側に透けてしまい、黒っぽく見えているようです。

そこで、これらの文字をサンドペーパーを使って除去します。

 

_DSC3794

サンドペーパーは、500番くらいから始めて2000番くらいまで使ってできるだけ滑らかに仕上げます。

このボトルを使って再度撮ってみましょう。

_DSC3787d

 

これだけでボディ部分のくすみが無くなり、かなり良くなりました!

もう少し透明感を出すには、背景の明るさを上げてやればいいのですが、そうなるとキャップやロゴのシルバー部分の露出も上がってしまい、ハイライトが飛んでしまう可能性があります。

これは前回の完全に透明なボトルと今回のような半透明のボトルの透過率の違いによるものです。

全体を明るくするわけにはいかないので、ボトルの後ろの光だけを強くしたいと思います。

ただし、光源は左の窓だけですので、光を足して強くすることはできません。

そこで、かわりに手前のボトルに当たっている光を弱くします。

11190383

 

_DSC0094

左の半透明ビニールシートの裏の商品側に、もう一枚ビニールシートを垂らしました。

これで手前の部分の光が約一段暗くなるはずです。

この状態で撮影をしてみます。

透過

 

ボトルの透過部分はこれでかなり良くなったと思います。

3.キャップとロゴの鏡面素材の映り込みをカットして完成

 

次にキャップとロゴの部分をよく見ていきましょう。

キャップ部分には細かな映り込みがたくさん入ってしまっています。

 

_DSC3787_3

今回の被写体のキャップとロゴは完全な鏡面素材なので周りのものが映り込みやすいのです。

そこで商品から見てカメラ側の空間を黒布で覆います。

左再度の半透明ビニールシートの下からも強く光がもれてきていますのでこれも黒い紙で塞いでしまいます。

さらに、キャップの右ハイライトの外側にある写り込みもカットします。

 

右側の銀レフ板の後ろに黒の紙を立てて映り込みをカットします。

 

11190375

 

set図.001

 

鏡面部分の余計な映り込みが完全になくなったら完成です。

_DSC3778b

 

鏡面部分にハイライトのグラデーションが左右に入り黒い部分の余計な映り込みは消えてシャープになりました。

また、透過部分の色とコントラストも改善されています。

 

撮影後の画像修正

今回も撮影後に合成などはしていません。前回と同様に色とコントラストの調整と画像内の傷、ホコリなどを取り除いて完成させています。

 

前回の商品と似ているようですが、実際に撮影してみるとかなり違うセットになりました。映り込みがあるだろうとは予想していましたが、想像以上に強い映り込みでした。やはりやってみないとわかりませんね。

次回も違う被写体で撮影をしてみたいと思います。

では!

 

 

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
フォトグラファー 商品撮影専門の制作会社を経て、フリーランスになる。 最終的な仕上がりまで考えながら撮影をしたいので、撮影から画像処理まですべてを自分で行うことが多い。 ライティングや仕掛けを考えるのが好き。

 - セッティング, ライティング, 撮影テクニック ,