STILB

Still life & Product Photography

1灯ライティング・ストロボ1灯で撮る料理写真

      2017/10/17

こんにちは!フォトグラファーの根本です。

以前の記事で自然光を使ってケーキの撮影をする方法をご紹介しましたが、今回は、ライトを1灯だけ使って料理写真を撮る方法をご紹介します。

ライトを複数使う時にはライト同士のバランスをとる必要があり、それがなかなか難しいのですが、1灯であればバランスをとる必要がありません。

また、ライトのバランスをとるには強さを計測しなければなりませんが、そのためには露出計などの計測機を用意する必要がありますが、1灯ライティングでは露出計などがなくてもライティングできるので手軽に始められます。

今回はそんな料理写真で使える1灯ライティングをご紹介します。

それでは早速はじめましょう!

完成写真

いきなりですが、まずは完成写真を見てください。

左サイド1灯

 

 

1灯でライティングをする場合、ライトの位置によって印象は大きく変わります。

今回は少し暗めの雰囲気でスキレットに盛ったハンバーグを撮ってみました。スキレットごと火にかけてソースが少し煮立ったように仕上げています。

スキレットの重さと暗めの雰囲気が合っていると思います。

スタイリング

撮影前には背景と料理の準備が必要になります。

今回は自作の天板を使います。10.5cm×95cmの板にエイジング処理をしたものを6枚用意しました。6枚並べていますが、実際に画面に写っているのは4枚です。

木目がはっきりしていて色が濃いので暗めの雰囲気に合うと思います。

クロスは青と白のチェックの柄を選びました。茶と黒の多い画面になりそうなのであえて色目の違うクロスにしてみました。

器はスキレットを使います。重厚な感じのする鉄製なので温かい料理によく合いそうです。濃い目の木の天板にもよく合うと思います。

スタイリングが決まったらまずは仮置きしてみます。

カメラのアングルを決める

仮置きした器でカメラのアングルを決めます。

この時にはまだ料理は盛り付けません。

カメラのアングルが決まって、さらにライトの準備がある程度できたら料理を盛り付けます。

カメラは三脚に固定します。手持ち撮影ではカメラのアングルがシャッターごとに少しずつ違ってしまうのでベストなアングルがずれてしまいます。

ライティング

今回はストロボを1灯を使ってライティングをします。

この1灯をどこから入れるかですが、今回は左サイドから入れたいと思います。

左から料理を中心に明るくして、その奥は暗く落としていきます。

横からのライトは料理にしっかりと当たるので色や質感がよく出ます。また、陰影もしっかりとでるので臨場感や立体感も出しやすいライトです。

ライトは料理のほぼ真横で高さはやや高めから見下ろすように入れます。

ライトとテーブルの間には1100mm幅のトレーシングペーパーを垂らして光を柔らかく拡散させます。

料理の後ろには銀レフを入れて、料理とスキレットの内側を明るくする補助にします。

セット写真

セット図1(上から)

サイド光のセット

 

 

ライティングバリエーション

今回は左のライトを選択しましたが、その他の位置からライトを当てることもあります。

よくあるケースでは後ろからの逆光ライトと真上からのライトです。

この2つのライトで撮るとどのようになるか試してみましょう。

逆光ライト

バックライト1灯

逆光ライト

 

一気に明るい雰囲気になりました。

逆光は料理の撮影でもよく使われるライトです。奥からの方向性がよく感じられるライトです。

料理そのものの色や質感などはあまり出ていないのですが、ソースのハイライトなどはとても綺麗です。

光を感じさせる写真になるのでイメージ写真に向いています。

ライトはトレーシングペーパー越しにテーブルの奥から料理に向けて当てています。

また、料理の左手前に銀レフを入れてシャドー部分を明るく起こしています。

 

 

セット図(上から)

逆光のセット

 

 

トップライト

1灯トップ

トップライト

 

料理の真上から下に向けてトレーシングペーパー越しにライトを当てています。

全体が均一に明るくなり色も良くでています。影の部分も少なくなるので細かなところまでよく分かる説明的な写真になります。

雰囲気重視のイメージ写真にはあまり向きませんが、説明的カットなどには使えると思います。

セット図2(横から)

トップライトのセット

 

本番撮影

ライトの使い方で同じ被写体でもここまで写真の印象が変わります。

今回はイメージに合わないのでトップライトは外します。逆光かサイド光かは悩むところですが、色や質感などを重視したいのでサイド光で撮影を進めます。

ライトが大まかに決まったら料理を盛り付け、料理に合わせて再度ライトの位置や強さを調整していきます。

ライトがほぼ決まったらソースやクレソンなどの時間によって状態が変わってしまうものを盛り付けてスタイリング全体も微調整します。

ここからは時間との勝負になります。

本番撮影をしますが、画像を見て直したいところがあればライト、スタイリングの両方で微調整をします。

直しが終わったら再度本番撮影をして良ければ完成です。

左サイド1灯

左サイド1灯

 

料理撮影のライトには他にも電球、LED、蛍光灯などを使うこともできますが、今回は色が安定していて光量も強いストロボを使いました。

特に今回のように動きのある料理(ソースの煮立つ感じ)などでは動きを止められるストロボが向いています。

まとめ

ライト1灯でも十分ライティングは可能です。

ライト1灯であればライト同士の強さや色のバランスをあまり意識する必要がないのでメーターなどがなくても撮影が可能です。

もし機会がありましたら試してみてください。

それではまた!

The following two tabs change content below.
フォトグラファー 商品撮影専門の制作会社を経て、フリーランスになる。 最終的な仕上がりまで考えながら撮影をしたいので、撮影から画像処理まですべてを自分で行うことが多い。 ライティングや仕掛けを考えるのが好き。

 - ライティング, 撮影テクニック , ,